富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

 

【7月号】

アチー夏がやって来ました。
ビールが旨すぎる夏。
若い時、夏はダイスキだったけど、今はやだ。
スキじゃない。今年も半分終わっちゃった。
早いですねー。この勢いじゃ、
年末もすぐそこかなー。なんてネ。
当店では7月23日の夏祭りと
8月のお盆休暇(当店ではなく皆さんの)
がピークになります。この2つをやっつけると
夏が終わります。
この間は自分は休みがありません。
頑張ります。老体にムチ打って。
痛ましくありません。

将棋の藤井四段すごいですね。
おやじ連中もお母さん達も多分みんな
思ってるでしょう。あんな子がウチの子
だったらな~~~って。店でよくする会話です。
でもみんな最後には「ムリムリ」で
おわっちゃう。でも藤井君て中学生だよねー。
進学はどうすんだろう、周りは猛勉強中
じゃないかなー。
自分はしてなかったけど。ゼンゼン、、、、、
私立の高校がすごいんだろうね。その上の大学も

正雪の純米吟醸「INTEGRETE EVOLUTIONⅡ」
が今年も出ましたねー。
神沢川酒造の「崎村勉杜氏」の醸した酒。
人間国宝の「影山杜氏」に師事し、
毎年どんどん旨くなってる。まさにEVOLUTION。
そして今年は最終章インテグレート
エボリューションⅡ。少々華やかですが、
正雪らしさを残しつつ、何か新しい正雪も感じる
ウマイ酒です。5月発売でしたが、
1ヶ月寝かしてみました。
今月は「崎村杜氏」の正雪で一献すべし。

夏酒が6月から出回ってます。
年々早くなってる。
そして秋の「ひやおろし」が8月終わりには
出てきてる。なんか早過ぎますね。
酒屋さんに行くと、「夏酒」がいろいろ
並んでいます。アルコール度数を2°~3°
下げた酒やロックで楽しむ酒などいろいろです。
当店は普通に「南部美人 夏純米」と「臥龍梅
純米吟醸 夏酒」を用意してます。

焼酎も日本酒に負けるなと「夏焼酎」
を出してきてます。ビンもブルーや透明なビン。
ラベルもひまわりなど夏ラベル。
アルコール度数20°が多いように思います。
味、香りが軽く感じます。
夏用でしょうね。当店も一種類
「夏焼酎 ひめあやか」を仕入れました。
あともう1本は、名前で置いた芋焼酎『ほたる』。
夏らしい名前です。
味も香りもキレイで優しさを感じます。
この『ほたる』は高倉健さんの同名映画
『ほたる』から名ずけた焼酎。
鹿児島県知覧を舞台にした特攻兵の
物語の題名『ほたる』がラベルになりました。
高倉健サンのファンとして店に置いてあります。
だからウマイんです。まずかったら健サンに
怒られちゃいます。

ビールの一番旨い季節。最初のイッパイの
喉を通過する時のウマサ。
脳みそのすべてが洗浄されたような感覚、
タマんねーっす。
時々、若い方からビール割りを頼まれます。
はやりなんでしょうかねー。
ビールとトマトジュースの「レッドアイ」は
有名ですがジンジャーエールで割った
「シャンデイーガフ」も時々注文されます。
ビールとヨウグルト『ハイジ』ビールと
ペパーミントで『ミントビアー』等は
注文がないです。『ハイジ』はどぶろく
みたいになります。
マダマダありますが試したくないです。
(ビールとバーボンウイスキー)
(ビールと白ワイン)
(ビールとスパークリングワイン)などは
むかしむかしの若い頃、悪酔いした
『ビー酎』と変わんないんじゃないかなーって
おもうけど。

先日こんなお客様がいました。
「獺祭焼酎」を「獺祭」の日本酒で
割って飲んでました。店の子が言ってきたので、
私がききに行きましたら、いつも同じ酒蔵の
焼酎と日本酒で割って(混ぜて?)
飲んでるんだそうです。
物静かな紳士然とした方でした。初めてでした。
こんな飲み方があるなんて。
試して見ようとは思わないけど、、、、、、、、

 

【6月号】

富士山の雪が寂しくなっちゃいました。
夏の到来ですかね。
あっちこっちで奇麗な花が咲き誇ってます。
これからは紫陽花の出番になります。
そうです。ジメジメ梅雨の季節。
でも心はいつも晴れ晴れ。
うま~~いビールで梅雨なんて吹っ飛んじゃう。
そうそう、ビールの味って、メーカーでは
一年中同じ味に作ってるんでしょうけど、
夏になるとなんでグ~ッと旨くなるんで
しょうかね。ビールって不思議な飲み物ですね。

6月17日(土)東京の池袋のサンシャインで
行われる「全国新酒鑑評会 公開きき酒会」に
行ってきます。
自分は今年で6回行く事になります。
全国の金賞受賞酒がきき酒できるのは
この日のみ。心はなぜか真剣なお祭り気分。
そして別のホールでは、各県の市販酒が
おもいっきり楽しめる。
以前は平日でゆっくりできましたが、
今は土曜開催。
う==んと混雑しますが皆さんもどうですか。
入場券は前売りだと1000円も安いです。
タダ入場券は別として新幹線代が1万円
かかっちゃう。地方はソンですね~。
自分はまだ行ったことがないんですが、
他にも「本格焼酎、泡盛鑑評会」や
「果実酒、洋酒、リキュール鑑評会」が
あるそうです。
単式蒸留焼酎の品質と技術の向上と製造業者の
参考を目的に行われるそうです。

今月はアユの解禁で焼き魚もアユが
一番多くなります。
市場に出回るアユは半天然養殖です。
天然物より長さが一緒でもチョット太めです。
食べ方もいろんな人がいます。
頭からぜ~んぶ食べちゃう人。
頭だけ残して骨ごと食べちゃう人。
頭と骨を残してキレイに食べちゃう人。
あと、アユの姿を残して身をボロボロにしてる人。
皆さんはどっち派。
刺身ではカツオとイサキです。
カツオはのぼりガツオ。お腹にまだ
虫(アニサキスなど)はほとんどいません。
ですから刺身でオススメ。
いさきは「梅雨いさき」と言って6月7月が旬です。

最近、席だけの予約で「飲み放題にして下さい」
と言ってくる方が時々います。
当店では「飲み放題」だけというのは
やっていません。
チェーン店ではやってるかも知れませんね。
パック酒と甲類焼酎、銘柄のわからない
ウイスキーなどでノミホー。。。。
当店の飲み放題は料理が決まっている時のみ、
希望ならつきます。
お酒も麦焼酎もイモ焼酎もウイスキーも
チャントした銘柄の物を使用しています。
でも予約の方の半分は「いろんなお酒や焼酎を
飲みたいから」と言って宴会でも「飲み放題」を
付けないです。
愚痴ってスッキリ

先月、コロッケ用のジャガイモと落花生と
さつまいもを植えました。
(植えて、蒔いて、刺すかな)
ジャガイモは「インカの目覚め」
という高級品種です。
落花生は蒔く気はなかったのですが種を
頂いちゃったので仕方なく。
さつまいもはお店用の焼き芋用。
でも品種が紅東ではなくう~~んと甘い
「紅はるか」
という品種。収穫が楽しみです。

 

PAGE TOP