富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

【5月号】

5月号写真

富士山の雪化粧がどんどんなくなってきました。
店の前の中央公園の木々の新緑が目に優しい緑色。
雨のアトなど緑が生き生きして輝いて見える。
な~んて言ってると、アッチからコッチから
スマホを持ってポケモン人が集まってくる。
会話の無い一つの大集団が立ちんぼうしています。
知らない人は「何かあるんですか?」
なんて聞いてくる。

たらの芽
「たらの芽」は連休明け位で終了しそうです。
もうみんな芽ではなく葉や木になっちゃいました。
「こしあぶら」は今月いっぱいは楽しめそうです。
山梨県から入荷してきます。

燗酒
5月~9月いっぱい、
燗酒の種類が4種類になっちゃいます。
藤枝の「喜久酔」新潟の「きりん山」
中辛の「旨口」そして当店特注の「ひれ酒」
の4種です。今年の燗酒の傾向は、
いつもどおり辛口が出るんですが、
今年はチョット違いました。
いつもは新潟のサラッとした辛口が
好まれましたが、今年は味わいのある
山廃タイプの辛口がもてました。
リピート率の高かったのは
能登の酒「宗玄 純米」でした。
深い味わいの中にシャキッとしたピリ辛感が
いいようでした。自分もこの酒は好みですね。
燗よりも常温が一番旨いような気がします。

岩井ハイボール
前回もお話しましたが、
リピート率(おかわり)が多いと言えば、
マルスウイスキー「岩井」ハイボールです。
マッサンの「竹鶴ノート」を忠実に守った造りの
長野のマルスウイスキー。
あなたはもう飲まれましたか?
「もう一杯」と言いたくなりますよ。ゼッタイに。
(会社は鹿児島の「本坊酒造」。造りは長野県)

いさき
今月から夏魚「伊佐木(いさき)」が水槽に
入ります。刺身、焼く、煮る、何をしても旨い魚。
カワハギもいますが、皆さんの大好きなキモが
少なくなってきました。4月は大きな石鯛が
大きな顔して何匹か泳いでましたが終了です。
今月の下旬には又々、
夏の魚「鮎(アユ)」が出てきます。

工事
店の宴会場の工事もアト2ヶ月。
監督さんに聞くと順調だそうです。
建物は骨だけですが、
今月中には壁ができて内装に移るそうです。
監督さんが、壁や床などの色や材質のサンプルを
一杯持ってきますが、サンプルだけで建物全体を
想像するのは、とてもシロートには無理。
床や壁などお任せに近い状態。
ただ海郎小屋は明るいイメージの為、
薄暗い飲み屋の傾向より、
開放的な普通の明るさを求めました。

人事
4月いっぱいで、25年勤めてくれた
板前の「後藤」が退職します。
当店には定年はありません。
職人の腕を奪うことはありません。
タダ、体調不良には勝てないですね。
本当に「お疲れ様でした」。

全国新酒鑑評会
今年も池袋のサンシャインで
「平成29酒造年度全国新酒鑑評会」
の入賞酒の一般公開が催されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「日本酒フェア2018」
開催日:6月16日(土)
時間:10:00~14:00(第1部)
   15:00~19:00(第2部)
場所:サンシャインシティ
   ワールドインポートマート4F
   展示ホールA
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分は今年も行く予定です。
ナンテタッテ入賞酒430点のお酒が
ズラ~~~りとならぶんですよ。

 

【4月号】

4月号写真

春爛漫、4月です。ウキウキです。
花粉がイッパイじゃなくて、
花がいっぱい咲いてます。
花の名前をほとんど知らない自分でも、
花がいっぱい咲いていると心が和みます。
お店の花壇も春満開です。
タヌキの前のは芝桜です。
3月中旬から満開です。すごいでしょ。
実はこの花壇、自分の姉が手入れしています。
店に入らずに、花壇だけ見て
帰っちゃう人もいます。
今年の野菜は高値に悩ませられましたが、
もう心配はなさそうですね。

今、工事中の宴会場は、今までの建物は完全に
なくなり、基礎工事が始まっています。
6月中にできるのかな~なんて
心配になってきます。
監督さんに聞くと、「順調に進んでいます」
って言うけどどうなのかな~。

3月に業務用ビールが値上がりしました。
でも大丈夫。海郎小屋本店は値上げしません。
今までどおりの値段で頑張ります。
エライでしょう。
ですから、ジャンジャン飲んで下さい。

4月よりお会計のレジスターを入れ替えました。
今までは普通のレジ。
注文もイチイチ伝票に書いていました。
が、今度はファミレスみたいに
スマートに注文を聞く事ができます。
デモ、、、メニュー数が多くて大変です。
若い人たちは簡単にピッピッとやってますが、
全身アナログ人間には大変です。
デモ、POSシステムっていうのは高いですね。
非常にウンと高い。
当店で導入したPOSシステムは
700万円かかりました。
回転寿司のタブレットなどは
凄い金額なんでしょうね。怖いですね。

4月から夏メニューになります。
お鍋は終了。ふぐ料理も終了します。
そして女性に大人気のオサツメニューも消えます。
今回は舟盛りを変更しました。

今年の県新酒鑑評会は
吟醸の部で「開運」の「土井酒造」さん。
純米吟醸の部では「磯自慢」の磯自慢酒造さんが
県知事賞をとりました。みなさん知ってますか。
静岡県の酒造量は全国の1%です。
でも、ウマサは5本の指に入ると思ってます。

今月のおすすめの地ウイスキー「岩井」は
すごいリピート率です。
ハイボールが凄く旨いんだそうです。
(自分はウイスキーだめなんです。)
地ウイスキー「岩井」は鹿児島の芋焼酎蔵
「本坊酒造」の商品。マッサンこと竹鶴氏が、
以前上司だった醸造学の大家「岩井喜一郎氏」
に預けた竹鶴ノート。
それに基づいて本坊酒造と一緒に
長野県にマルスウイスキーの蒸留所を完成
させました。1992年まで蒸留していたそうです。
貯蔵庫のモルトは海外で賞を取るほどの
高品質なウイスキー。2011年に再開。
ラベルの「岩井」はこの業績をたたえて
名付けたそうです。
今月も置いてあります。是非味わってみて下さい。

これからゴールデンウイークに向けて、
山菜シーズン。山菜は採れなくっても
新緑の空気は旨い。おにぎり1個が
フランス料理のフルコース位の価値があります。
家飲みばかりしてないでタマには外でどうですか。

では今月も半分になっちゃった狭い店で
待ってま~す。

 

PAGE TOP