富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

【7月号】

7月号写真_工事
7月号写真_日本酒フェア

夏本番に突入です。暑いですよ~。う~~んと。
2年後は東京オリンピックです。暑いでしょうね。
7月8月はビールがうんと忙しくなります。
お客様も店側も「いらっしゃいませ」と言ったら
ジョッキを持って注文を待つ。
お客様も座ったら、もう目の前に生ビールが欲しい。
最初の一杯はその位の気持ちで走ってます。
これが心からの、呑んべいに対しての
最高のお、も、て、な、し。かな?

宴会場オープン
7/2(月)~7/5(木)は旧館と宴会場を繋げる工事を行う為、
お休みさせていただきます。
7/6(金曜日)より完全営業になります。
宴会場の部屋数は14室、8~10名位が一室単位ですが、
どの部屋も繋げる事ができます。
例えば、2Fは8部屋に仕切られていますが、
仕切りを取ると80名様まで入ります。
但し、宴会場は禁煙になります。
喫煙室を利用いただきます。東京都をみならって。
実際、韓国の方が当店に来ると表で吸っています。
日本も国際化に遅れないように。

当店は2時間制をとっておりません。ごゆっくりご歓談ください。
宴会場は回転寿司みたいにタブレットを導入しました。
メニューの変更や、レジの難しい注文は自分にはOUT。
ゼンゼンついていけません。息子がバリバリやってます。
昭和はどんどん遠くなっちゃう。

全国日本酒フェア
6/16(土)東京池袋サンシャインで
日本最大規模の「全国新酒鑑評会」と
各県の酒造組合が一同に集まった
「全国日本酒フェア」が催されました。
自分も行ってきました。
「全国新酒鑑評会」のお酒は、蔵が丹精込めた
純米大吟醸の美味しいお酒がズラリと並んでいます。
いつも飲んでる蔵の味とは全く違います。
例えば十四代。香り薄く、甘みも少なめ、
キレ、スッキリさは一緒ですが、
やはりいつもの十四代の酒とは違います。
ラベルも市販のラベルとは違う出品用ですかね。
新政もシュワシュワ感が無く、
而今も普通の奇麗なお酒という感じでした。
でも美味しかった。時間がもう少し欲しいです。

各県の組合出店の「全国日本酒フェア」。
こちらは市販酒が各県のブースに並んで、
自由に味を楽しむことができ、
又、いろいろお話を聞く事ができます。
鑑評会のアトで飲んではいないんですが、
頭はほろ酔い気分、各ブースを周り、イッパイ楽しみました。
お酒も販売しているので2本買いました。
家で飲んでコーカイしちゃいました。

今月のオススメ日本酒
今月のオススメのお酒は夏酒。
黒龍、白隠正宗、臥龍梅、秋鹿。
そして当店初登場、栃木の「仙禽(せんきん)」の夏酒。
その名も『かぶとむし』。
酸味がきいてて実に飲みやすかった。

活魚
活魚の入荷に変化がおきています。
養殖真鯛の業者が、
「1kg以下の鯛の出荷はヤダ」って言って、出荷しなくなり、
ヒラメの業者は、「この時期は暑さに弱いから出したくない」
って言うし、入荷が不規則になっています。
いつもいるのは、アジ、カワハギ、イサキの3種類になっちゃいました。
そしてカワハギも安いウマズラハギじゃなくて、
高い本カワハギになっちゃいました。
と、、、言う事でこの夏はアジとイサキでいきましょー。

当店のジョッキは1リッターから300mlの小ジョッキまで
4段階揃えています。
暑い夏は先ずビール。そして日本酒。
そのアトは当店一番人気の「岩井ハイボール」で1日を仕上げて下さい。

 

【6月号】

6月号写真_畳
6月号写真_工事

夏に向かってます。紫陽花も咲いてます。
富士山の木花咲耶姫様も雪化粧を落として
スッピンになっちゃった。夏の日差しで、
シミや日焼けが心配です。だってお姫様だから。
何百年たってもお姫様ですよ。
木花咲耶ばーさんにはゼッタイならないんですね。


海郎小屋の畳のヘリ、富士山柄って知ってます?
地元の方達は意外と気付かないんですが、
他県から来られた方や、ホテルにお泊りの方達は
スゴク喜んでいただいています。
スマホでパチパチ写真撮ってます。


鮎が解禁になりました。
鮎の解禁で夏の始まりです。
夏はやはり鮎の塩焼きで、ぎゅう~っと一杯。
美味いです。夏のおつまみはナント言っても
鮎の塩焼き、枝豆、そしてイサキの刺身。
この3点で1杯2杯3杯と飲めちゃう。いいですネ。
日本酒にも焼酎にも、そしてハイボールにも
何でも合っちゃいます。
ワインの場合、イサキの刺身には
醤油に一滴レモンをたらして下さい。
チョウ美味しくなります。

十四代
十四代の人気は相変わらずすごいですね。
当店でも時々制限させていただいております。
本醸造の本丸がネットで25,000円というのは
知っていましたが最高峰の「龍泉」が50万円
「龍月」が30万円というのは知りませんでした。
ビックリしました。異常です。
ダレが買うんでしょうか。
海郎小屋の「龍泉」4000円が自分では高いな~
と思ってましたがとんでもなく安く良心的だな~
と思いました。あと「龍月」も一杯1,500円。
なんと安い事か。普通に戻ってほしいです。
当店で十四代を始めた頃は、
マダ新潟酒が大人気の頃。十四代をススメルと
「こんな甘い酒なんか飲めるか」
とよく怒られました。でも今では誰も言わない。
でも十四代純米焼酎はあまり人気が無いですね。
ひと月に2~3本位です。

宴会場
お店の宴会場は今月中に完成します。
検査を受けて、手直しして使えるのは
7月上旬くらいから。
今、内装が急ピッチで進んでいます。
大工さん、電気屋さん、壁屋さん、設備屋さん、
その他いろんな業者の方が行ったり来たり、
それも皆さん手際よく、さっさと進んでいきます。
譲り合ったりして笑顔で仕事が進んでいきます。
見ていても安心しますネ。やはり笑顔はいいです。

日本酒フェア2018
世界で一番日本酒が集まる日。と銘打って
6月16(土)に東京池袋のサンシャインシティで
行われる「日本酒フェア2018」の一環として
「公開きき酒会」が開催されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「平成29酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会」
開催日:6月16日(土)
時間:10:00~13:00(第1部)
   15:30~18:30(第2部)
場所:サンシャインシティ
   文化会館4階 展示ホールB
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
400以上の最高級のお酒が並びます。
そして別のフロアーでは「全国日本酒フェア」が
催されています。各県から酒造組合が
出店して試飲販売しています。
きき酒会も日本酒フェアもお酒を口にふくんでは、
ペッと出しますがダンダンと頭が酔ってきます。
なんせみんな美味いから。
十四代も而今も獺祭も飲み放題ですよ。

らっきょう
今年もらっきょうを漬けました。
美味いらっきょうの漬け方がイマイチわからない。
難しいですね。

 

PAGE TOP