富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

【7月号】

夏がきたー。ビールがウンと美味い季節。
グビグビ、「プファ~~」。いいですねー。
炭酸系がノドにおもいっきり染み込んでいく。
思わず歌が出ちゃう。
「ビールを回せ、朝まで飲もう、あんたが1番、私が2番プファードンドン」
でも、夏ということは、もう半年が過ぎちゃったということ。
夏もあっというまで年末がそこにきてるような感じ。

ポケトーク
最近、外国の方のみでの来店が時々あります。
相手もこっちもチンプンカンプン。
カタカナ語で話しても通じない。
そこで購入したのが、「ポケトーク」。
世界中のいろんな言語を通訳してくれる優れもの。
いざ、使ってみました。英語なんかバッチリ。
でも先日の中国人の団体には手こずりました。
喋り方がやったら早い。ポケトークがついていけない。
ゆっくり話してもらって、やっと通じました。
でも今の若者、スマホでメニューにかざして自分たちで訳してる。
すごい時代ですね。もう年寄りはついていけない。

夏酒
夏はビールにハイボールがメインになりがち。
でも、日本酒も焼酎も負けてません。
夏向きにスッキリした日本酒、グビグビ飲める焼酎が出回っています。
ビンも茶色じゃなくて水色やブルーの爽やかな涼しげな色。
ラベルも朝顔や向日葵など夏の花。
「臥龍梅 夏酒」、「仙禽(せんきん) かぶとむし」、
「ゆきの美人 しぼりたて生酒」、「無想 生詰め原酒 心靜」など
焼酎ではおなじみの芋の「姫あやか」、個人的に好きな「ほたる」、
ハイボール用に造られた「一尚」などいろいろ用意してます。

梅干
5月はらっきょうを30kg。6月は梅を20kgを漬けました。
いつもの年よりウンと少なめです。
7月中旬に紫蘇に漬け、下旬位に天日干しにしてシワシワの梅干しにします。
これが終わった8月には落花生300kg茹でます。
らっきょうも梅干しも無添加の自家製。
味は?

 

【6月号】

気候が夏ですね。
富士山の雪もドンドン解けてスッピンになっちゃう。
かわいそう。梅雨は富士山のお姫様の涙かな?
な~んちゃって。

みなさん、オリンピックのチケット予約しました?
チケット代高いですねー。
開会式30万円だって。
安いですねー。
自分は行きたいけど仕事中の時間なので残念だけど、無理ですねー。
仕事終わってからダイジェストを見るぐらいかな。
行けないから「安い」と言ってミエはってる。
でも、ケイリン競技は富士市から近いですよね。
ロード競技なら行って来れるかも。
観戦料もかからないしー。
あと一年。徐々に盛り上がってきてますね。

春野菜や山菜が終わり、夏野菜になってきました。
茗荷・オクラ・新じゃが・きゅうり・なす・ごうやナドナド。
み~んな陽の野菜。
魚もアユやイサキに変わりました。
イサキの刺身でぐーっと一杯。
アユの塩焼きでもう一杯。
そして海郎小屋の酒がマタうますぎる。飲み過ぎ注意。

平成30酒造年度全国新酒鑑評会公開きき酒会』が
いつもの池袋サンシャインで催されます。
さすが東京、会場も広いけど、人も多い。
10時開場だけど9時前から並ばなくちゃ
最初の希望のブースに入れない。忙しいですよ。
またその後が楽しい。
第13回全国日本酒フェア』の会場めぐり。
各県別に蔵のお酒を自由に楽しめて、お話も聞けちゃう。
う~んと為になる。
自分は今年も行ってきまーす。

今年も「らっきょう」漬けちゃいました。
30kg。すごいですねー。
この30kg、1年で終わっちゃうんですから。
酒のアテにいいんでしょうね。
当店のらっきょうはつけた時から冷蔵庫熟成。
だから、いつまでも半分はエシャレット感覚?
市販のらっきょうとはチョット違います。
土付きのらっきょうを根を切って洗ってつけるまで、
掃除のおばちゃんととっかかって4時間かかりました。
今月の終わり頃は梅干し作りが始まります。

ビールがうまい季節がやってきました。
何回もお知らせしてますが、
当店には1000cc~280ccまで特大・大・中・小・チビの5種類。
お好きなサイズで。まずは大ジョッキでググーッと、
落ち着いたら中ジョッキで、
あとは、日本酒なり、焼酎なり、地ウイスキーなど
各分野に挑戦いただければ、お客様もお店もホットになります。

ネットの最終ページの「1000円引きのサービス券」について。
6月末を持って終了させていただきます。
この春から各メーカーの相次ぐ値上げで、券の廃止を決めました。
長い間ありがとうございました。

 

PAGE TOP