富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

【12月号】

今年もあとチョット。1年が早すぎますねー。
春と夏があったっけ?
全然記憶がない。そのくらい早いです。
富士山もやっと雪化粧してコノハノサクヤ姫様らしくなりました。
やはり富士山は雪があった方がいい。

今年も当店を目一杯ご利用いただき誠にありがとうございました。
今年は地ウイスキーを追っかけての1年でした。
静岡市の山奥でウイスキー造りをしている「ガイアフロー」さん。
「海郎小屋ウイスキー樽」を1樽買いました。
3年後に皆さんで味わって見ましょう。楽しみです。

魚の愚痴
今年は魚が高値のまま推移しました。
まず桜エビ、1kg 8千円~1万円。とんでもない値段。
マイカも倍値のまま1年が過ぎちゃう。
サンマも缶詰用のサンマのまんま終了しました。
カワハギも人気魚になっちゃって、
需要と供給で1kg 千円上がったまんま、
鮭は故郷に帰る前に沖でどっかの国に取られちゃう。
魚メインの海郎小屋、チョットかったるい。

店内改装
カウンター内にある焼き台、居酒屋にはなくてはならない場所。
その場所の換気口から出口までの管が危険な状態になってきました。
30年以上も頑張ってきましたが、自分と同様ガタガタになっちゃいました。
ということで焼き台周りをリフォームします。
1月に2~3日お休みさせていただきます。

日本酒
先月「ひやおろし」が終わりました。今月は新酒が入ってきます。
11月25日に久保田から「ゆく年くる年」しぼりたて吟醸が入荷しました。
今後、「正雪」純米、「臥龍梅」純吟、「磯自慢」吟醸 生、「而今」生、
などなどどんどん入ってきます。
じっくり寝かせた高級熟成酒もこの時期。
「十四代」龍月・双虹・龍泉、「黒龍」二左衛門・石田屋、
「磯自慢」アダージヨ・中取り35 などなど1万円以上のばっかり。

年末はお酒を普段より余分に摂取する機会が多過ぎます。
内臓には十分気をつけてください。
また『飲酒運転』は絶対やめてください。

お店にてお待ちしています。

 

【11月号】

目の中ぜーんぶ黄色にソマっちゃいます。
イチョウも自分も枯葉マーク。心にしみます。

消費税
消費税10%、一ヶ月たちました。
みなさん慣れましたか。
お店は何の混乱もなく、お客様も普通に会計を済ませています。
5%還元でカードでの支払いが多少増えたぐらいです。
メニューも外税になりましたが、
お客様の反応も今までと変わりませんでした。
よかったよかった。


今年のサンマは細いまま終わっちゃいました。
毎年秋は焼き台のサンマが脂で燃えるんですが、
今年はその光景がないまま終了しました。
来年に期待しましょう。
今月から活きたカワハギが入ってきます。
それも肝が入った本カワハギです。
値段がちょっと高めになっちゃいましたけど。
肝と一緒に食べるとお酒がう~~んと美味くなる。
生きているから超新鮮、プリプリの食感。
あとは海水温が18度切ったら、活きたヤリイカに期待。


”ひやおろし””秋あがり”がよくでました。
「ひやおろしってな~に?」って聞かれるお客様もいなく、
海郎小屋のお客様はお酒に詳しいノンベーばっかりだなと
つくづく思う秋でした。
来月からは新酒が出てきます。
ひやおろしとは真逆の超新鮮でフレッシュなお酒が堪能できます。
そうです。蔵ではお酒造りが始まってます。今年も期待しましょう。
燗酒も10種類ほど用意してます。
口当たりが柔らかいの、さらり辛口、どっしり辛口、山廃タイプ、
味の太い酒、ふぐヒレ酒など、いろいろ楽しめます。

すっぽん
海郎小屋の冬の名物、フグとすっぽん。
当店のすっぽんは九州から取り寄せてます。
温泉で育った1Kg位の温泉美人(全てメス)を調理します。
フルコースでの注文は少ないですが、鍋や雑炊は注文が多く、
意外なんですが注文は男性より女性の方が多いです。
鍋に浮いている脂みたいのはぜ~んぶコラーゲン。
女性が注文されるのがわかります。

桜エビ
秋漁が始まりました。
焼津方面はチットいいみたいですが、
由比周辺は今期もダメみたいですね。残念です。

忘年会
1日現在で金、土の予約状況は各週とも半分は埋まっています。
幹事さん、お早めに計画をおたてください。
平日はまだまだい~っぱい空いてます。
平日の忘年会、大だい募集中。

 

PAGE TOP