富士で居酒屋・和食なら、海郎小屋へ

海郎小屋名物

海郎小屋通信

海郎小屋通信

【8月号】

8月になると富士山は、いつもスッピンになっちゃう。
そのお姫様の頭を土足で踏み荒らしてる。
富士山かわいそう。
そういえば、富士登山で田子の浦の0メートルから出発する
登山者が増えているそうです。
富士市が観光ですすめている「いただきへの、はじまり」で、
海抜0メートルから山頂の3776メートルを目指そうというもの。
途中、海郎小屋に寄って一杯やっていけばいいのに、、、ネ。
来年は、オリンピックで富士山の周りを自転車が駆け抜けるそうです。
富士山がいつも見えるといいですね。

ソーダ割り
ハイボールが超人気です。ウイスキーボトルを注文。
ソーダも5~6本注文。3~4人で1本飲んじゃう。
今年は、ウイスキー以外で芋や麦で、
ソーダ割りを注文される方が増えている。
そこで当店が新しく導入したのは、水からソーダを作る機械。
コックを引くと、シュワシュワーっと炭酸水が出てくる。
地ウイスキーもコレで簡単に作れます。

宴会のシメ
宴会の「5000円飲み放題込み」のシメのご飯ものを、
今までは寿司でしたが、富士宮やきそばに変えました。
シメの寿司は意外と残ってきましたが、
焼きそばはほとんど残ってきません。
しばらく続けてみたいと思います。
名前は富士宮やきそばですが、麺は富士市内の製麺屋さんです。
地産地消。スイマセン。

夏休み
今月は長期の夏休みの月ですねー。
10日間ぐらい取られる方が多いのではないでしょうか。
5月に続いて今月も、、、ウラヤマシー。
でも、ウチみたいのは休めない。
サービス業は何と言っても一番の稼ぎ時です。休んじゃあいられない。
サービス業は因果な商売。人が仕事をしていたら売上はなし。
仕事をしない休みの時が商売。
休暇中は居酒屋ではなく、半食堂になります。
ホテルにお泊まりのお客様やファミリーのお客様。
旦那様はビール1~2杯しか飲ましてもらえない。
メニューにある定食、又は、2~3品おつまみを注文してご飯。
滞在時間は1時間位。
お子様が店内を走り回ってる。親といえば知らん顔で、一杯。
親に注意すると、「〇〇チャン走っちゃダメよ。あのおじさん怖いからね~。」
だって。
チョットどこか違うんじゃないかな~。

酒造会社の方
7月は「花陽浴(はなあび)」の社長さんと「大洋酒造」さんが見えました。
「花陽浴」は当店にも以前から裏メニューに載ってます。ファンの方もいます。
「大洋酒造」さんは新しく「無想」というお酒を持参しました。

余談
今、韓国と仲がうまくいってないですね。政治の世界の話ですけど。
自分の身の周りには、何人か韓国人の知り合いがいます。
でも普通にお付き合いしています。
ニュースの話をしても「困ったもんだ」で終わっちゃいます。
祖先は一緒のような気がする自分。
仲良くしたいですね。

 

【7月号】

夏がきたー。ビールがウンと美味い季節。
グビグビ、「プファ~~」。いいですねー。
炭酸系がノドにおもいっきり染み込んでいく。
思わず歌が出ちゃう。
「ビールを回せ、朝まで飲もう、あんたが1番、私が2番プファードンドン」
でも、夏ということは、もう半年が過ぎちゃったということ。
夏もあっというまで年末がそこにきてるような感じ。

ポケトーク
最近、外国の方のみでの来店が時々あります。
相手もこっちもチンプンカンプン。
カタカナ語で話しても通じない。
そこで購入したのが、「ポケトーク」。
世界中のいろんな言語を通訳してくれる優れもの。
いざ、使ってみました。英語なんかバッチリ。
でも先日の中国人の団体には手こずりました。
喋り方がやったら早い。ポケトークがついていけない。
ゆっくり話してもらって、やっと通じました。
でも今の若者、スマホでメニューにかざして自分たちで訳してる。
すごい時代ですね。もう年寄りはついていけない。

夏酒
夏はビールにハイボールがメインになりがち。
でも、日本酒も焼酎も負けてません。
夏向きにスッキリした日本酒、グビグビ飲める焼酎が出回っています。
ビンも茶色じゃなくて水色やブルーの爽やかな涼しげな色。
ラベルも朝顔や向日葵など夏の花。
「臥龍梅 夏酒」、「仙禽(せんきん) かぶとむし」、
「ゆきの美人 しぼりたて生酒」、「無想 生詰め原酒 心靜」など
焼酎ではおなじみの芋の「姫あやか」、個人的に好きな「ほたる」、
ハイボール用に造られた「一尚」などいろいろ用意してます。

梅干
5月はらっきょうを30kg。6月は梅を20kgを漬けました。
いつもの年よりウンと少なめです。
7月中旬に紫蘇に漬け、下旬位に天日干しにしてシワシワの梅干しにします。
これが終わった8月には落花生300kg茹でます。
らっきょうも梅干しも無添加の自家製。
味は?

 

PAGE TOP